副業ディレクターの赤熊大地です。

 

副業でFXをしている方に
極たまにですがずっと
勝ち続けている方が
いらっしゃいます。

 

その方いわく、FXで勝つことが
できたのは、「自分が運が良かったから」
と謙遜をされながら教えてくれました。

 

本当に運が良かったからなのでしょうか?

 

FXの世界では“9割近く”のトレーダーの方
が負けていると言われています。

 

もしこの話が本当で
たった1割の方しか勝てていない
のであればFXの勝率はとても低い
と思いませんか?

 

考えていただきたいのですが
FXは売り買いしかありません。

 

他の投資系と比べても
とてもシンプルな取引方法です。

 

単純に2つの“どちらか”しかないのであれば
「勝率は50%になるはずでは?」

と思う方もいるでしょう。

 

ではなぜ9割の方が負けているのでしょう。

 

どうやら
「運だけでどうにかなる」
思っていることに
原因があるようです。

 

そこでこのページでは
「FXは本当に運だけで勝つことが
できるのか?」について検証を
していきます。


FXで負ける人は本当に運が悪い⁈

あなたもFX取引をしていて
負けるとき、もあれば勝つとき、
もあると思います。

 

はじめにも話しましたが
FXの取引は「上がるか下がるか」
予想するだけなので、あなたの感だけを
頼りにして取引をしても負け続けることは
あまりないと思います。

 

しかし、FXは世界中のトレーダーが
取引をして誰かが勝ち誰かが負ける
ゲームです。

 

あなたが勝ちたいと思ったら、世界にいる
FXトレーダーが何を買って売るのかを
予測していなければ、勝てないのです。

 

これを果たして“運”と言うべきなのか
迷ってしまうと思います。

 

間違いなく言えることは勝ち負けに
裏付けされた理由がある、ということです。

 

FXで負けてしまう2つの理由

ギャンブルだと思い込んでいて
運だけでFXの取引をしている限り
数回くらいはマグレで勝つことができますが
勝ち続けることは難しいです。

 

なんども言いますが
FXはシンプルな取引です。

 

シンプルなゆえに様々な情勢
が絡んで相場が上下していきます。

 

この波を先読みするために、過去のデータや
世界情勢などを見て取引している方が
FXの世界で長く生き残れる最大のコツ
なんです。

 

なので、一般のギャンブルとされる
競馬やパチンコなどと違うと
認識した方がいいです。

 

「俺は知っている」と言う過信(その1)

FX相場の値動きが上に行くのか下に動くのか
誰にも分かりません。

 

なので、もし「もうすぐ値が上がる」とか
「もうすぐで下がる」など発言をしている方を
見つけたら、いますぐ逃げてください。

 

典型的なヤバイ奴です。

 

FXは自分との戦いでもあるので、自信を
持って注文をするべきです。

 

ですが、予想に反して負けた時は
「仕方ない。」と負けを受け入れることも
大事です。

 

自分に過信した途端に“見栄”や“運”に
左右されてしまいます。

 

過信からは何も生まれません。

 

もし、過信をしてしまうようでしたら
自重をした方がいいでしょう。

 

取引に感情が入ってしまう(その2)

FXに向いていない人に共通していることは
「すぐにカッとなってしまう人」です。

 

感情的になると冷静な判断力を失います。

 

そして何よりも
「運が回れば俺は勝てるかもしれない」
と思い込みさらに泥沼に入ってしまうかも
しれません。

 

「自分はそうならない」と言えれば
いいのですが、取引に“運”を持ち込んでしまうと
どうしても感情が出て来やすくなります。

 

『オーマイゴット!!』

 

と同じですね。

 

FX取引の成功のコツは出来るだけ
機械的に処理をすることです。

FXには運と実力どっちが大事

FX取引をしている人の中には
相場を予測して“勘”や“運”の方が
大事と考えている人もいます。

 

こればかりは人によるので
ハッキリは申し上げづらいのですが…。

勘や運だけでFXをしていると
負けた時に「運が悪かった」とか
「勘が狂った」などと思ってしまいます。

 

“人それぞれ”なのですが
もし負けてしまったら
「なぜ負けてしまったのか」を分析して
自分の過去のデータとして蓄積した方が
いいように思います。

 

FXで勝つために必要なことは
実力です。

 

FXの世界でいう実力とは
「売買手法」です。

 

売買手法にはテクニカル分析や
ファンダメンタル分析などもありますし、
負けないようにするためのリスク管理手法
も含まれています。

 

・エントリーをどこでするのか?
・タイミングを上手に掴むには?
・流れに乗ることができても
 負けてきたらどうすればいいのか?

・・・・・などの時に。

 

対処法があれば、あなたに実力があると
思われます。

 

もし、これでもまだあなたが
FXで勝つために必要なことは
“運”とか“勘”が大切です。

 

と思っているなら
勝ち続けることは難しいことは
覚悟しておいた方がいいです。

 

もし実力で勝ちたいなら
出来るだけ本当の実力がつくように
いろんな手法を勉強をした方が
失敗しないで済むます。

 

その際に過去のデータと照らし合わせ
ながら取引をしてもいいと思います。

 

そのやり方の方がもし、負けたとしても
負けを少なくできるので、最終的には
あなたが勝ち続けることができます。

FXを運だけで儲けたと言わないためにできること

FXは“運”だけで取引をしていると
だんだんと間違った考え方が
定着してしまいます。

 

間違えた考え方が固まってしまうと
FX取引に対する行動も違ってきます。

 

どういうことなのか?というと
負けてしまう人は「勝ちたい、儲けたい」
という感情や運を優先してFXを
することが当たり前になっています。

 

「赤熊さん 言っていることはわかるけど
運や感情を抑えたいけど、どうしても
考えてしまう…」

 

このように思われるかも
しれませんが、感情が出る前にアルことを
決めておいたほうがいいです。

 

================
取引の引き際をあらかじめ決めておく
================
ことです。

 

あらかじめ
「このラインを超えたらやめよう」
とルールを決めておくことで
それ以上の負けも出ませんし
心理的な負担も減ります。

 

もし、負けてしまっても
それ以上の負けはないので
また別の相場でのFX取引を
開始すればいいです。

 

それよりも、運や勘だけに頼って
儲けるような「ギャンブル」に近い感覚
取引をしていると怖いです。

 

一度でも負けてくるとドンドンと負けが
増えてしまいます。

 

感情を抑制できないからです。

 

できれば
「ここまで下がったら損切りをする」
というポイントだけは決めておいたほうが
いいです。

 

まとめ

世界のトップクラスの投資家
ウォーレンバフェットさんやジョージソロスさん
はなぜ、「投資で成功しているのか?」
というと。

 

利益を優先するよりも
「損をしないことを重要視して取引」
をしているからです。

 

参考までにウォーレンバフェットさんの
格言で以下のようなものがあります。

ルール1:絶対に損をするな!

ルール2:絶対にルール1を忘れるな!

シンプルですよね。

 

ジョージソロスさんも似たようなことを
言っています。

「まず生き残れ!儲けるのはその後だ!」

私はこの格言を初めて知った時。

 

身震いがしました。

 

儲けるために投資をするのではなく
資金(資産)を損(減らさない)をしない
ためにどうすればいいのかを
考えていることです。

 

あなたはこの格言に対して
どのように思いましたか?

 

世界の投資家を見ると
“運”や“勘”では投資はしない
ようですね。

 

あなたの今後の取引の参考に
してみてください。

 

お読みいただきありがとうございました。